人がレストランに行くときって。

「人は自己回帰するためにレストランへ行ったり、料亭へ行ったりする。
 
これは僕の考え方です。
 
何か人間の本能に響くものに出会うとか、
 
もっと単純に何かに感動するとか、
 
人はそういうことを求めているのではないか。
 
そうだとしたら、出来る限りそれに応えたいと思います。
 
ライブ感のある料理というのは、
 
その答えの一つです。」
 
皆さんこんにちは。
 
株式会社ティーエスインターナショナル人事部の泉麻友です。
 
こちらは先日行った京都の料亭「菊乃井」の大将、村田吉弘さんの言葉。
 
 
そこでお出しする秋のお料理に、「かますの杉板焼き」というお料理があります。
 
杉の板でお魚やその他のお野菜を挟んで
 
オーブンで焼いてお出しするものだそうですが、
 
杉の香りがほんのり移ったかますは格別だそう。
 
(おなかがすいてきました)
 
村田さんは、杉の板をあえて焼ききらず、オーブンから出した後バーナーで火をつけ、
 
落ち葉を敷き詰めた大皿に盛って座敷まで運んでもらいます。
 
そうすると、「まだ火ついてるわ、これ」などと言ってお客様に喜んで頂ける。
 
煙のにおいを嗅いだり、静かに燃える火を見たりすることで、
何か懐かしい、郷愁を誘われたような気持ちになれる。
 
これがライブ感のある料理。
 
 
蘇州園も、
 
「おなかすいたな~
 
あ、レストラン見っけ。入ろ~」
 
とお越しくださる方は一人もいないはず。
 
ここに来れば確かに得られる「何か」を求めてお越しになっている。
 
それを忘れないこと。
 
そして毎回いい意味で期待を裏切り続けること。
 
 
 「世界中から人が集まる特別な場所」
 
何を「特別」と感じるかは、お客様によって違います。
 
「目の前のお客様の求める特別感とは何か?」
 
それをつかみ、ご要望以上のものを提供できるかは
 
全てサービスする「人」にかかっているように思います。
 
そして技術と言うより、「目の前のお客様を喜ばせたい」と本気で考えているかどうか。
 
これが一番大切。
 
2012年新卒内定者も出揃ってきましたが、
きっとその気持ちを大切にしてくれるメンバーだと思っています。
 
これからが楽しみですね~ひとみさん。